※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

挫傷・打撲・肉ばなれ(筋・腱断裂)の基礎知識
 このページでは、接骨院の施術範囲の打撲や挫傷を中心に、肉離れや筋違い(すじちがい)など筋肉・腱の外傷や障害を含めた基本的事項を解説します。また、各傷病別には、専門のページを設けて解説します。

 挫傷・打撲・筋断裂・腱断裂の基本的病態
 挫傷を広義の意味でとらえると、打撲も含まれます。
 医学辞典では「挫傷とは、鈍体が作用して組織が圧縮されることによって生ずる損傷。」
(注1)と記されています。 また、皮膚が断裂して開放性の損傷となっている場合は挫創(ざそう)として区別されています。
 一般的に挫傷の内、皮膚及び皮下組織に打撃(打撲)による非開放性損傷を生じた場合を打撲(または打撲傷)と呼んでいます。
 (注1):南山堂医学大辞典(株式会社南山堂発行)より引用


宇宙のくつ下広告 外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 

1.打撲 (皮膚・皮下組織挫傷)
 いわゆる打ち身のことでどなたでも経験があると思います。一般的に打撲をすると皮下組織を傷つけ出血するため、皮下に出血斑(いわゆる内出血)が出現し、局所的に腫れてきます。また、打撲部分に限局した圧痛(押すと痛みを誘発する症状)を触知します。
 打撲は、皮膚や皮下組織の非開放性損傷で、さらに深部の筋肉や腱、神経、骨などの損傷を伴わない単純な損傷です。皮下組織の損傷程度が大きい場合は、皮下組織内に血腫による局所的な腫瘤ができる場合があり、受傷後直ぐにその腫瘤を圧迫して吸収を促さないと、血腫が線維化してしばらく残存します。強い打撃や衝突による場合は、しばらく痺れや運動痛を感じることもありますが、そのほとんどは数時間程度で消失します。翌日まで痺れや運動痛を感じるようであれば、単純な打撲では無く、神経や筋肉、腱などの損傷を疑います。
 一般的に単純な打撲の場合、患部を湿布と包帯で固定すれば1週間から10日ぐらいで治ります。血腫が著明で大きな腫瘤ができた場合は、軟性のラバーパットなどで圧迫固定をし、2週から3週を要します。

2.筋挫傷(きんざしょう) 、肉離れ(にくばなれ)、筋違い(すじちがい)、筋膜炎(きんまくえん)
 筋肉を打撲や過伸張などで痛めたものを筋挫傷といいます。いわゆる肉離れや筋違いもこの筋挫傷に含まれます。

@ 直達性外力による筋挫傷
 直達性外力による筋挫傷は、打撃や衝突などの機械的圧縮作用 (すなわち打撲)により、筋肉や筋膜を挫滅したものをいいます。筋肉の深部まで挫滅するケースも多く、骨に接している筋肉(いわゆるインナーマッスルなど)では、挫滅による生じた血腫内に骨化性筋炎(こつかせいきんえん)を生じることもあります。
 受傷直後は損傷部分に限局した圧痛と顕著な腫脹が見られ、当該筋肉に係わる運動が著しく制限されるか不能となります。
 損傷の程度にもよりますが、回復までに2ヶ月ぐらいを要することが多く、リハビリを要するものでは半年から1年を要したケースもあります。

 

※ 皮下組織(ひかそしき)
 皮下組織とは皮膚の真皮よりも深層に位置する部分で主に疎線維性結合組織(そせんいせいけつごうそしき)からなります。皮下組織は真皮 を支持する組織で血管や神経に富み、皮膚の代謝に関与します。また皮下組織は皮膚と共に、深層の筋肉や骨、内蔵などを外界から保護する役割があります。
 皮下組織の多くは、脂肪組織が極めて発達し、脂肪層を形成しています。また、一部の皮下組織には、多量の平滑筋(へいかつきん)が存在し、この部分を肉様膜といいます。さらに横紋筋(おうもんきん =骨格筋)がみられる部位もあり、これを皮筋(ひきん)といいます。この皮筋は、顔や首に見られる表情筋(ひょうじょうきん)です。

※ 骨化性筋炎(こつかせいきんえん)
 骨化性筋炎は、骨に密着する筋肉や靱帯、骨膜などの軟部組織の損傷部位に骨を作る細胞が侵入して骨化が起こる現象です。骨折あるいは打撲時の筋肉や骨膜、靱帯 などの損傷により起こる外傷性のものと、過剰な運動療法によ り、筋肉や靱帯などの組織が、微細な損傷や炎症を生じた部分に起こるものがあります。
 成長期では、骨新生が旺盛なため大人よりも骨化性筋炎を生じやすいといわれます。
 骨化性筋炎を生ずると、硬直したように関節の屈伸ができなくなります。
 通常は、安静にすることで骨化した組織が吸収されていきますが、関節の運動機能が強く阻害されるような場合は、手術による仮骨の除去を行います。

       

A 介達性外力による筋挫傷、肉離れ、筋違い
 介達性外力による筋挫傷は、筋肉の過伸張 あるいは筋肉自体の収縮力による張力の作用で起こすものをいいます。従って、筋肉の急激な牽引に対し物理的に弱い部分で起こりやすく、筋肉や筋膜あるいは筋肉と腱の移行部で損傷を起こします。
 主に運動により起こる症例が多いのですが、日常動作や作業中のアクシデントなどでも見られます。
 いわゆる肉離れは、筋肉の断裂や筋肉を覆う筋膜の損傷のことで、主に筋肉と腱の移行部や筋肉が骨に付着する近辺で多く起こります。また、筋違いは筋肉の一過性の硬直、もしくは炎症による一時的な筋運動の障害です。
 肉離れ(筋断裂・筋膜損傷)の場合は、部位や程度にもよりますが、断裂部分の修復に6週から8週程度を要するものが多く、またその後の機能回復期間を含めると3ヶ月〜6ヶ月程度に及ぶものも多く見られます。
 肉離れ(筋断裂・筋膜損傷)を除いた介達性外力による筋挫傷や筋違いは、比較的軽症な場合が多く、大概は4〜5日で回復します。

3.腱挫傷、腱断裂(けんざしょう、けんだんれつ)
 腱挫傷・腱断裂は、打撲などの直達性外力や、筋肉の収縮による過剰な牽引、骨や周囲組織との摩擦などにより損傷が起こります。これら腱の損傷は発生機転により、外傷などによる急性損傷と、摩擦や牽引の反復により徐々に損傷が進む疲労性損傷があります。
 腱の損傷では、自然修復が困難で手術を要する症例が多く、自然修復しても、後遺症として機能的障害が長期に亘り残存したり、損傷部位の再構築不全により再損傷を起こしやすい状態が残存するなどが見られます。また、微細な損傷を繰り返しているうちに腱が変性を起こし、再生不能な状態になる場合もあります。

4.関節挫傷
 関節構成組織や関節周囲を取り巻く組織(靱帯、関節軟骨、線維軟骨、脂肪体、滑膜など)を打撃や衝撃などの外力により損傷したもの。 尚、関節に伸展力や捻転力が作用して靱帯などの軟部組織を損傷した場合は捻挫といいます。
 直達性の外力(打撲など)では、皮下組織や靱帯、腱、種子骨、骨の関節端などの損傷を生じます。皮下組織よりも深層の靱帯、腱、骨などを損傷した場合、関節包内のそんしょうでは、関節内にいわゆる水が溜まったり、出血による関節血腫が起こることもあります。また、関節包外での出血では骨化性筋炎を起こすこともあります。
 介達性外力では、上肢の場合は手を突いて手関節、肘関節を痛めたり、肘を突いて肘関節や肩関節を痛めるなど、突き上げによる関節損傷が起こります。下肢も同様に、転落や飛び降りなどの衝撃やスポーツによる衝突などで、関節を末梢側より突き上げて痛めます。この様な突き上げによる関節損傷では、関節軟骨や線維軟骨の損傷、あるいは骨の関節端部分の骨折が多く、この様なケースでは 再生能力の弱い関節包内損傷であるため、手術的処置を要する場合がほとんどです。
 関節包内は、血管の侵入がほとんど無いため、損傷部分が変性を起こし、変形性関節症や線維軟骨の変性による関節症などの後遺症に至ります。

5.その他の挫傷
 その他の挫傷として、神経挫傷、腹部内臓挫傷、骨盤内臓器挫傷、脳挫傷など、打撃や衝撃などにより生ずる挫傷がありますが、これらは柔道整復師の専門外なので、以下に簡単に触れる程度とし、詳細は専門的なサイトに譲ります。

 神経挫傷
 末梢神経組織を挫滅したもので、挫滅部周囲と挫滅部分より末梢の神経麻痺を生じます。その程度によっては、生涯後遺症として残る場合があります。

 腹部内臓挫傷
 最も多いのは、腹部打撲などによる小腸、大腸あるいは腎臓、肝臓などの挫傷です。重症では、何れも死に至る場合があるので緊急を要します。

 骨盤内臓器挫傷
 下腹部の打撲や骨盤骨折などにより、骨盤内臓器である大腸や子宮、膀胱、睾丸などを損傷することがあります。

 脳挫傷
 転倒や打撲などで頭部を打ち、脳や脳膜(硬膜、くも膜、軟膜)を損傷したもの。緊急を要する場合がほとんどです。

 挫創 (ざそう)
 挫傷の内、皮膚の開放性損傷(いわゆる出血性創傷)を伴う場合を挫創といいます。僅かな創面であっても雑菌の侵入により化膿したり、場合によっては蜂窩織炎 (ほうかしきえん)や瘭疽(ひょうそ)に至ることもあり注意を要します。

 挫傷の応急処置
 挫傷の応急処置を行う場合、挫傷部位により対応が異なります。

 筋・骨格器系(筋肉・靱帯・関節・腱など)
 筋・腱・靱帯や関節を痛めた場合、アイスパックや冷湿布などで冷やしてください。また、包帯や三角巾など固定具があれば患部を固定してください。
筋・腱の挫傷では、筋断裂(肉離れ)や腱断裂を生じている場合があるので挫傷部位の筋・腱を動かさないようにすることが大切です。関節周囲の挫傷では、靱帯断裂や関節水腫(関節に水が溜まった状態)を生じていることもあります。応急処置をしたら速やかに接骨院や整形外科で治療を受けてください。

 挫創の場合
 傷口を消毒液で消毒し、ガーゼなどで被覆してください。出血のひどい場合は、傷口より心臓に近い側を軽くしばり(もしくは圧迫し)、傷口を押さえてください。いずれにしても、挫創では皮下組織に雑菌の侵入による感染症を起こす場合が多いので外科や整形外科の診察を受けてください。

 脳挫傷、内臓挫傷、神経挫傷の場合
 これらの挫傷では、緊急を要する場合がほとんどで、絶対に患者を動かさないことです。そして、ただちに救急車などを呼び、救急病院等で治療を受けてください。

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

ふしぎな5本指くつ下の広告

外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 
pageNO.034
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
ピエシェリの広告