※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

成長期の野球肘(リトルリーガーズエルボー)
 成長期の野球肘と成人の野球肘は、その本態が異なります。成人の野球肘は、主に靱帯の炎症ですが、成長期に起こる野球肘(いわゆるリトルリーガーズエルボー)は、肘の成長軟骨に起こる骨端症や骨端線離開あるいは離断性骨軟骨炎で、この時期特有の病態を生じます。 右の4枚のレントゲン写真を見比べてみると、完成された成人の骨と成長期の骨の構造の違いが分かると思います。 下のイラスト略図は左肘の骨格を成人と成長期で比較したものです。このように、関節を構成する骨端は、完成された骨よりも強度的に弱い成長軟骨で形成されています。従って、成長期の野球肘は、この時期特有の骨端症を生じます。
 この野球肘は発症部位により肘の内側に痛みが起こる内側型、肘の後ろ側に痛みが出る後側型、および、肘の外側に痛みが出る外側型の3つに分けられます。

  5歳児の肘のX線画像
5歳児の左肘正面レントゲン写真
成人の肘のX線画像
成人の左肘正面レントゲン写真
 
成人の肘関節骨格図 こどもの肘の骨格図

4歳児の肘のX線画像
4歳児の右肘側面レントゲン写真
(赤丸内の骨は上腕骨小頭の骨端核)

成人の肘の側面X線画像
成人の右肘側面レントゲン写真


1. 内側型の野球肘
 上腕骨内側上顆骨端線離開(じょうわんこつないそくじょうかこったんせんりかい)

  成長期の内側型の野球肘では、上腕骨内側上顆の成長軟骨に起こる骨端症(骨端炎)もしくは骨端線離開を生じます。この病態は、成長軟骨の疲労骨折ともいえます。

(1) 原因
 投球動作時に、肘の外反強制と前腕屈筋群の緊張、および内側側副靱帯の緊張による物理的ストレスが内側上顆骨端線に作用します。このストレスが過剰に繰り返されることにより、内側上顆骨端線が徐々に損壊していきます。 外傷性の骨端線離開との違いは、外傷性が急激で強力な一度の外力で損傷するのに対して、スポーツ障害として起こる本症は、一度の外力は骨折を生じるほどのものでなくても長期間繰り返し外力が加わることで、初めは炎症を起こし、次第に骨端軟骨に微細な損傷(ひび割れ)が起こり、最終的に骨端線離開(すなわち軟骨の骨折)に至ります。

(2) 症状

@ 投球動作時の疼痛と内側上顆周囲の腫脹
 初めは投球動作のときの痛みだけですが、徐々に痛みは悪化し、安静時でも痛むようになります。また、内側上顆を中心に腫脹が観察されます。

A 肘の外反強制および前腕屈筋群の負荷で疼痛を誘発
 他動的に肘を外反すると痛みが強くなります。また、他動的に肘を伸ばすと肘の内側に痛みを誘発し、さらに手首を手の甲へ曲げる(手関節背屈)動作を加えると、より強い痛みを訴えます。
その他に、おもりなどで抵抗を加え、手関節の掌屈をさせても疼痛を誘発できます。

B 内側上顆の限局性圧痛
 検者の手指で患者の内側上顆を圧迫すると、その部分に限局した痛みを触知できます。

C X線像
 レントゲンでは判断しにくい場合もありますが、症状が進むと成長軟骨の離開や肥大などが観察されます。

(3) 治療と予後
 安静が基本となります。従って、投球動作および患部の肘に負荷がかかる事を禁止し、三角巾で固定します。軟骨の離断により転位のある場合は、整形外科にて手術による固定(鋼線や金属性の固定用ネジなどで止める)を行います。
 3週から4週経過後より、自動運動によるリハビリを行います。
 骨端線の修復が完成されるまでは、数ヶ月を要します。従って、レントゲンなどで患部と健側を比較してほぼ同様の状態になるまで 、整形外科で定期的な経過観察を行い、その期間中はリハビリに専念し、投球などの動作は中止します。この修復完成後よりキャッチボールが許可され、完全復帰までは早くても6ヶ月、場合によっては1年以上要することもあります。
 

  内側上顆骨端線離開のメカニズム

肘の内側上顆の位置を示す画像1

肘の内側上顆の位置を示す画像2


2. 後側型の野球肘
 肘頭骨端症(ちゅうとうこったんしょう)および骨端線離開(こったんせんりかい)

 肘頭とは、肘の後面の骨の出っ張りのことで、成長期では、成長軟骨で構成されています。この成長軟骨部分で起こる障害を肘頭骨端症もしくは肘頭骨端線離開といいます。
 肘頭骨端線離開も成長期に起こる野球肘のひとつとして分類されていますが、その他の競技でも肘関節の過剰な伸展を繰り返す動作を行う場合、発症するリスクがあります。
 肘頭骨端症(骨端炎)や肘頭骨端線離開では、上腕三頭筋腱付着部や、骨端核と骨本体との境界部の骨端線に障害が起こります。特に骨端線離開では、肘頭が本体より離開して、いわゆる剥離骨折の状態となり、骨癒合が成されないまま偽関節に至ることもあります。

(1) 原因
 肘頭骨端症および骨端線離開は、肘関節伸展動作の過剰な繰り返しにより発生します。
 肘頭には上腕三頭筋という強い筋肉が付着しているため、肘を伸ばす動作(肘関節伸展)の際に、この上腕三頭筋の牽引力による負荷が肘頭に作用します。さらに肘の最大伸展時には、肘頭は上腕骨の肘頭窩 という上腕骨のくぼみでロックされ、それ以上の伸展は不可能となりますが、勢いがついているとその反動が肘頭骨端線に作用します。このふたつの物理的ストレスが過剰に繰り返されると、肘頭骨端線の損壊が徐々に起こります。
 野球では遠投の練習や過剰な全力投球の繰り返しで起こります。その他、ウエイトリフティング、弓道、テニス、体操などでの症例報告もあるようです。

(2) 症状
 肘頭骨端症は、骨端炎の状態で炎症症状をおこしますが、肘頭骨端線離開では、はっきりとした症状が現れないまま骨端線が閉鎖してしまう場合もあります。このようなケースでは、肘頭が離断したまま偽関節状態に陥ることもあります。従って、成長期にスポーツ時の肘頭の痛みを訴えた場合は、その痛みが僅かであっても慎重に取り扱うべきと考えます。

@ 投球動作時の肘頭の疼痛と肘頭の限局性圧痛および腫脹
 初めは投球動作の時だけ肘頭に痛みを訴えますが、障害が進行すると日常動作でも痛みを訴えるようになります。圧痛は骨端線離開の場合、肘頭骨端線に限局して触知します。また、骨端症(骨端炎)では、 肘頭の上腕三頭筋付着部及び三頭筋腱に圧痛を触知しますが、骨端線離開と違って圧痛点は限局性ではなく、その周囲に広がって触知します。
 腫脹は、肘頭を中心に出現し、症状の悪化とともに腫れもひどくなります。

A 肘関節可動域の減少
 初期はあまり見られませんが、病状が進行すると肘をしっかり曲げることも伸ばすことも痛みのためにできなくなります。

B X線像
 骨端症(骨端炎)では、不明瞭でレントゲンでは判断しにくい場合もありますが、炎症が進むと特有の炎症像がみられます。骨端線離開では、成長軟骨の離開や肥大などがみられます。

(3) 治療と予後
 肘関節に伸展ストレスのかかる運動を全て中止し、三角巾などで安静固定を指示します。
 骨端線離開では離開部分の癒合促進のため、低周波や超音波などの刺激を行います。
 単純な骨端炎では、疼痛などの炎症症状が治まれば完全復帰できます。ただし、骨端炎を起こした原因となる過度の運動を避け、練習方法の変更を指導します。また運動時の姿勢・フォームに問題がある場合はその矯正も着手する必要があります。
 骨端線離開では、離開部分の癒合を確認するまで患部の安静を指示します。ただし、離開した骨片転位の程度が大きい場合や、転位が小さくても1ヶ月以上の経過 を経ても癒合が進まない場合は、偽関節を起こす恐れがあるため、整形外科の手術による固定となります。その方法は成人の肘頭骨折と同じになります。

 

  肘の肘頭の位置を示す画像

12〜13歳の肘の骨格図1

肘頭の骨端線離開のメカニズム

肘頭骨端線離開の症状解説

8歳児の肘頭骨端線離開のX線画像略図


3. 外側型の野球肘
 上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎(りだんせいこつなんこつえん)

 肘関節の外側を構成する腕橈関節(わんとうかんせつ)で、上腕骨小頭(じょうわんこつしょうとう)の骨端軟骨に起こる障害です。
 上腕骨小頭の骨端軟骨が部分的に離断し、場合によってはその離断した軟骨が動いて、関節内に嵌入することもあります。 この障害は、早期に適切な対応を行わないと、重篤な変形性関節症を生ずることになります。

※ 腕橈関節:肘関節の内、上腕骨小頭と橈骨頭が関節する部分を腕橈関節 (わんとうかんせつ)といいます。ちなみに上腕骨滑車と尺骨滑車切痕が関節する部分は腕尺関節(わんしゃくかんせつ)といいます。どちらも肘関節を構成していますが、腕尺関節は肘の屈伸運動のみを行うのに対して、腕橈関節は屈伸運動に加え、車軸運動(橈骨がその長軸を中心に軸回旋する)を行い、前腕の回旋運動(回内、回外)を担っています。

(1) 原因
 主に野球の投球で起こり、野球肘の外側型ともいわれています。また、右投げの男子に多いといわれています。
 投球動作の際に起こる肘の外反により、上腕骨小頭と橈骨頭が衝突と圧迫を繰り返すことで上腕骨小頭の関節軟骨が損壊し、微細なひび割れが起こります。そ の結果、骨・軟骨細胞が死滅し、組織の変性を起こすため、やがて損壊した病巣は、周囲の骨・軟骨と分離・離断します。また、変化球の投球などによる肘の捻りの動作も発生原因に関与するといわれています。

(2) 症状
 初めは、投球動作時の疼痛だけを訴えますが、無症状で進行する場合もあります。従って、わずかな違和感や痛みを訴えたら、早めに整形外科の検査を受けることが大切です。

@ 肘関節外側の圧痛及び運動時痛
 肘関節外側に圧痛を触知し、投球時の痛みなどを訴えます。また、病状が進行すると日常の肘の曲げ伸ばしでも痛みを訴えるようになります。
 遊離した軟骨片が関節包内の滑膜を刺激するため、滲出液の貯留(いわゆる水が溜まった状態)を起こすこともあります。

A 肘関節可動域の減少と嵌頓症状
 初めは痛みのために肘関節の可動域が狭くなりますが、病状が進行すると関節の変形などにより、構造的に可動域の減少(動く範囲が狭くなる)が起こります。
 遊離した軟骨片が関節内に嵌入することにより、関節のロッキングや脱臼感あるいは異物が挟まった感覚の違和感などの嵌頓症状があらわれます。

B X線像
 上腕骨小頭に軟骨の離断した像がみられます。また、 腕橈関節を中心に描出する撮影方法により、上腕骨小頭が本来の丸みを失い、扁平化している状態が観察されます。
 病状の進行により離断した軟骨の転位あるいは上腕骨小頭と関節する橈骨頭の変形(きのこ状変形)も観察されます。

(3) 治療と予後
 運動を中止し、肘関節を安静固定とします。遊離した軟骨片が存在する場合は、整形外科にて手術による除去を行います。遊離体を除去しないと関節が変形し、元の正常な状態に戻らなくなってしまいます。また、既に変形を生じている場合はその症状は残存します。
 運動の完全復帰までは、状態によりますが少なくても6ヶ月以上を要します。また、関節の変形を生じている場合は、発症前の状態に戻ることはできません。
 上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎において肝心なのは、早期発見と適切な期間の安静・保存療法です。したがって、わずかでも発症の疑いがあれば、直ちに整形外科などの専門家の検査を受けてください。

木下接骨院の案内  秋元接骨院の案内

  上腕骨小頭の位置を示す画像

上腕骨小頭骨端線離開のメカニズム

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎略図1

上腕骨小頭離断性骨軟骨炎略図2

外側型野球肘の圧痛点

 

 

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

ふしぎな5本指靴下の広告

外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 
pageNO.056
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
ピエシェリの広告