※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

ケラー病(Köhler’s disease) (足の舟状骨の骨端症)
 足の舟状骨に骨壊死を生ずる骨端症(成長軟骨の障害)で、軟骨状態の舟状骨が大人の骨に変化していく過程の骨化という現象がはじまる3歳ぐらいから10歳ぐらいまでの間に起こります。特に4〜6歳の男児に多く発生します。
 1908年にドイツの放射線学者ケラー(Köhler Alban)が最初に報告したためケラー病といわれています。また、中足骨骨頭の骨端症であるフライベルグ病のことを第2ケラー病といわれることがあり、それに対して本疾患を第1ケラー病という場合もあります。
 この障害の原因は、循環障害、外傷、感染など諸説いわれていますが、まだ解明されていません。しかし、舟状骨は足の縦アーチの頂点にあたり、足部に負担のかかる激しい運動によりかなりの影響を受けている部分で、また、舟状骨は他の足根骨に比べて発育が遅く、比較的耐久性が低い状態です。したがって、活発な運動により舟状骨の成長軟骨層が破壊され、さらにその破壊により血行も遮断されるために骨壊死を生ずることも考えられます。
 症状は、足の内側の運動痛と舟状骨の圧痛、腫脹、発赤などです。また、痛みをかばうため足の内側を持ち上げて足の外側に重心を載せる歩行をすることもあります。
 診断の確定は、整形外科の検査を要します。X線で舟状骨の骨硬化像や舟状骨の骨核の扁平化などの特有症状が見られれば本症と確定されます。
 治療は安静が基本で、足の縦アーチを持ち上げる足底板などで固定するのも有効です。壊死を起こした部分は自然と回復し、発症後2〜3年で後遺症を残さずに正常に戻ります。

  足の舟状骨の位置を示す図

足の舟状骨の位置を示す画像

 

宇宙のくつ下広告外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

DSISソルボヘルシーフルインソール

秋元接骨院の案内

 
pageNO.065
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
カワイイ足のためにピエシェリ