※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

第5中足骨粗面骨端症(だい5ちゅうそくこつそめんこったんしょう)
イズリン病(Iselin's disease)
 1912年イズリン(Iselin)により報告された第5中足骨粗面の骨端核に生ずる骨端症です。
 この障害は、原因が解明されていません。第5中足骨粗面に付着する短腓骨筋腱や靱帯による反復性の牽引やスポーツ(スタート、ストップや方向転換)やダンス(ステップ)時の反復性の負荷などが作用していることが考えられます。
 症状は、第5中足骨結節部の隆起、および同部の圧痛、腫脹などが見られます。X線像では、骨核の萎縮や結節部辺縁の不整、骨端軟骨の分裂などが見られます。
 治療は、テーピング固定や副子固定、低周波や超音波などの物理療法が行われます。
 症状が消退するまで安静を保持することで予後は良好となります。
 安静が保持されず痛みを我慢して運動などの負荷を続けていると、第5中足骨結節部の異常隆起や変形を残すことがあります。

  第5中足骨の位置を示す図
第5中足骨の位置を示すX線画像   第5中足骨の位置を示す画像
 

宇宙のくつ下広告外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

DSISソルボヘルシーフルインソール

秋元接骨院の案内

 
pageNO.067
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
カワイイ足のためにピエシェリ