※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

外反母趾のテーピングによるサポート方法

 

このページの目次

 

(簡単にできて本格的な外反母趾テーピング・フットアジャストテーピングの紹介)

 外反母趾のテーピング方法は、既に様々な手法が紹介されています。それぞれ一長一短有り、一定の効果は上げているようです。私も様々な手法を取り入れて試してみましたが、入浴やかぶれ、臭いなどの衛生的問題の他、見栄えや圧迫感、コストなど様々な欠点がありました。実際のところテーピングだけでは外反母趾は治せません。では、外反母趾に対するテーピングの意義は何でしょう。
 スポーツ選手は、ケガなどで弱っている関節や四肢をテーピングで補強して試合に出場したり、フォームの矯正のためにテーピングで関節運動方向を抑制するなどの手段として利用しています。実は、外反母趾に対しても、曲がった母趾をテーピングで真っ直ぐにすることで、母趾に係わる筋肉の片寄った力配分(ちからはいぶん)を正して、足の接地バランスを整える効果があり、またテーピングの固定としての効果により、痛みや腫れを鎮める作用があることが治療の現場で認められています。
 例えば、スポーツ活動中や労働中に外反母趾の痛みや腫れが悪化する方の場合、テーピングで固定することでその痛みや腫れの出現を抑え、症状の悪化を予防し、回復力を高める効果が期待できます。
 このページでは当院オリジナルで採用しているテーピング方法を中心に、その活用法の解説を掲載します。

 

 フットアジャストテーピングの概要
 フットアジャストテーピングの材料
 フットアジャストテーピングの貼り方
   アングルアジャストテーピング
   アーチアジャストテーピング
 フットアジャストテーピングの補助

 外反母趾に関する情報はこちら
 


 フットアジャストテーピングを
 施行する施術所のご案内

  秋元接骨院
 横浜市鶴見区東寺尾1-39-3
 TEL 045-574-0401

外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ
       
 

 

フットアジャストテーピングの概要
 従来の外反母趾のテーピング方法は、どちらかというと外反母趾を治すことを主眼に置いて開発されていました。そのため、矯正・固定力を高めるために、たくさんのテープを巻いて、しっかり固定する方法が主流となっています。
 私は、外反母趾の施術に係わって20年を超えました。外反母趾のテーピング方法も勤務していた接骨院の恩師に指導していただいた方法や、他の治療家の開発した方法なども取り入れて施術を行っていましたが、テーピングで治そうとしても、その効果は思いのほか限定されていて、望んでいた効果からは掛け離れたものでした。しかし、痛みや炎症を抑え、若干の矯正効果があることも事実でした。そこで、私は痛みや炎症を抑え、母趾に係わる筋肉のバランスを整えることに特化し、余分なものを排除したテーピング方法を開発することにしました。それがフットアジャストテーピングです。このテーピング法では、従来の方法と比較してテープの貼付面積が小さく、必要十分なサポート効果が得られる手法となっており、快適で比較的簡便なテーピング方法です。

  フットアジャストテーピングの外観1
       
フットアジャストテーピングの外観2   フットアジャストテーピングの外観3
     
フットアジャストテーピングの外観4 フットアジャストテーピングの外観5 フットアジャストテーピングの外観6
 

 

フットアジャストテーピングの材料

1. 使用するテープ
 キネシオロジータイプの幅50mm伸縮テープ(または幅25mmの伸縮テープ) で、できれば撥水効果のあるテープが理想的です。私は、株式会社ファロスの「さらさキネシオロジータイプ」を好んで使用しています。このテープはアクリル系の糊を使用し、通気性、撥水性、粘着性が十分で、テープを剥がすときも比較的楽に剥がせて皮膚を痛めにくい特徴があります。また、コストの面でも他社よりも安価で、繰り返し施行するのに適しています。その他では、日東メディカル株式会社の「キネシオロジーテープ撥水タイプ」も機能的に優れており、非常に扱いやすいテープです。

2. テーピングを行う前の準備
 足の長さ23〜24pの場合、テープを長さ40p程度にカットし、幅50mmのテープを半分の25mmずつにカットして2本にします。
 カットしたテープの片側の端から6〜7p程度の切れ込みを入れます。

  フットアジャストテーピングに使うテープ
 

 

フットアジャストテーピングの貼り方
 少々練習すれば誰でも簡単に貼れて、足の姿勢と歩行バランスをサポートできるフットアジャストテーピングの貼り方を紹介します。
 このフットアジャストテーピングは、アングルアジャストテーピングとアーチアジャストテーピングの2つの工程があります。この2つのテーピングを合わせて施行することでフットアジャストテーピングの効力が発揮されます。

1. 足趾をしっかり開いて姿勢と歩行のバランスを向上するアングルアジャストテーピングの貼り方

ソルボ外反母趾サポーター固定薄型メッシュ生地
     
process1-1 process1-2 process1-3
フットアジャストテーピング1 フットアジャストテーピング2 フットアジャストテーピング3
     
process1-4 process1-5 process1-6
フットアジャストテーピング4 フットアジャストテーピング5 フットアジャストテーピング6
     
process1-7 process1-8 process1-9
フットアジャストテーピング7 フットアジャストテーピング8 フットアジャストテーピング9
     
be ready be ready  
フットアジャストテーピング10 フットアジャストテーピング11  ソルボ外反母趾・内反小趾サポーターパワーメッシュ固定型
     

. 足のアーチをサポートして足の緩衝性を補助するアーチアジャストテーピングの貼り方

 
     
process2-1 process2-2 process2-3
フットアジャストテーピング12 フットアジャストテーピング13 フットアジャストテーピング14
     
process2-4 process2-5 process2-6
フットアジャストテーピング15 フットアジャストテーピング16 フットアジャストテーピング17
     
process2-7 process2-8 be completed
フットアジャストテーピング18 フットアジャストテーピング19 フットアジャストテーピング20
     
be completed be completed  
フットアジャストテーピング21 フットアジャストテーピング22  外反母趾・内反小趾シルクサポーター
 

 

フットアジャストテーピングの補助テープ
 施術の現場では、フットアジャストテーピングの効果を生かす補助テーピングの手法が数パターンあります。
 その内の1つのパターンとして、激しいスポーツや、長時間のウォーキングなどでテープの強度の劣化を防ぐために、右画像のように補強テープを追加して巻く手法があります。
 この補強テープは、足の土踏まずの部分に巻き着けるようにテープを貼ります。この時にテープは若干引っ張りながら貼ってください。また、テープを引っ張りながら貼るときに、皮膚にしわが寄ったまま貼り付けてしまうと、痛みを生じたり、皮膚に水疱や褥創ができることがあるので、皮膚のしわができないように、ゆっくり伸ばしながら貼ってください。
 その他に、2趾や3趾が鉤状に上に向いてしまう変形のある方などではその趾を下に下げるテーピング手法や、足裏の筋膜の炎症や踵の痛みがある場合の補強テープなどのバリエーションもあります。また、機会があれば、様々な補助テープの貼り方も掲載するつもりですが、今回は割愛いたします。

  フットアジャストテーピング23 フットアジャストテーピング24
 

 
宇宙のくつ下広告 外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ
 

 

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 
ふしぎな5本指くつ下広告

フットアジャストセラピーの広告

 

 
pageNO.069
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
カワイイ足のためにピエシェリ