※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

下腿と足関節のスポーツ障害G
フットボーラーズアンクル(衝突性外骨腫)
(footballer's ankleまたはImpingement exostosis)

 サッカーやラグビーなど急激な方向転換を行うスポーツでは足関節の関節面に過度の圧迫や剪力をもたらします。この刺激により足関節内に骨棘(こつきょく:文字通り骨のとげ)や裂離骨折(れつりこっせつ)などによる骨増生 (※参照)を生じることがあります。この関節内の骨増生により起こる障害を衝突性外骨腫 (しょうとつせいがいこつしゅ)またはフットボーラーズアンクルといいます。
 この衝突性外骨腫は、足関節捻挫などの関節損傷の結果、足関節が不安定になった場合も発症することがあります。
 足関節捻挫では、足関節の安定性を確保する靱帯が損傷し、靱帯が断裂したまま再生されない場合や、再生されても靱帯が伸びた状態で癒着すると、関節の安定性が失われ て運動や歩行などの際に関節が異常な動揺を起こすことがあります。この関節動揺により脛骨の関節面と距骨の関節面が互いに衝突し、関節面を傷つけてしまいます。傷ついた関節面には修復反応により骨が増生され、やがて骨棘などを形成するわけです。
 骨棘を形成すると、関節運動の際にその骨棘が障壁となり関節の運動範囲が制限され、また骨棘の刺激による疼痛や炎症を生じます。
 重度の足関節捻挫などで関節面に裂離骨折や剥離骨折(はくりこっせつ)などを生じた場合は、その損傷面の骨増生が起こり、あるいは剥離した骨片が関節内で遊離したまま残存することがあります。この場合もその骨増生部分や遊離骨片が除去されない限り、関節面が不適合を起こし、炎症や更なる骨棘の形成を生じることになります。

※ 骨増生(こつぞうせい)
 骨や骨の表面を覆う骨膜(こつまく)は、過剰な刺激や組織の損傷を受けると、組織の修復機転が作用して骨を増殖します。この修復機能により、損傷した部分を再生したり、あるいは再生しない組織(線維軟骨など)を補うことができるようになっていますが、その増殖した骨の存在により、運動可動域が制限されたり、増殖骨の刺激により痛みが起こったりすることもあります。

 症状
 足関節の圧痛や運動痛、可動域制限がみられ、関節内遊離骨片(剥離した骨が癒合せずに関節内に残存した状態)が存在すると嵌頓症状 (異物が関節内に挟まった感覚)を訴えることもあります。
 整形外科の画像検査により診断が確定されます。

 治療と予後
 サポーターやテーピングあるいはその他の装具による固定で関節を安定させることが大切です。運動時の支障が大きい場合やスポーツ種目によっては整形外科による 遊離骨片や骨棘の除去手術を行うこともあります。
 関節可動域の制限が残存しますが、予後は比較的良好で、骨棘が存在しても日常動作に支障が無い場合が多く、また運動時においてもサポーターやテーピングで関節を固定すれば問題無いことがほとんどです。

  足関節内側から見た骨格

 

フットボーラーズアンクルの発生幾転

 

足関節の骨棘形成

 

 

宇宙のくつ下広告外反母趾グッズ・健康靴下・サポーターユウキ

 

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

ソルボウエッジヒールサポーター

フットアジャストセラピーの案内

 
pageNO.053
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
カワイイ足のためにピエシェリ