※営利を目的とした、当サイト内の画像等の無断使用は禁止です。尚、当サイトの画像等をご利用の際には、必ず「秋元接骨院HPより転用」と明示してください。
※当サイト内の挿絵では、組織や部位を識別できるように色分けをしていますが、実物の色とは異なります。 Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊

 

下腿と足関節のスポーツ障害A
腓骨骨幹部疲労骨折(ひこつこっかんぶひろうこっせつ)

 腓骨(ひこつ)は体重加重による影響を受けないのですが、ランニングやジャンプなどの運動の際に内側と外側へ繰り返し「たわむ」ため、その反復による応力で疲労骨折を起こします。
 この腓骨の「たわみ」は、腓骨に付着する筋肉の牽引作用によるもので、その動作により跳躍型と疾走型に分けられます。

@ 腓骨の跳躍型疲労骨折
 跳躍型疲労骨折は、うさぎ跳び、バレーボール、バスケットボールなどによる反復する跳躍で起こります。
 発症部位は、腓骨骨幹部の上(近位)1/3に集中します。これは、跳躍時に働く筋肉の影響で腓骨骨幹部上1/3のたわみが大きくなるためで、特に外側へのたわみ(腓骨の上1/3が内反する)が大きいと云われています。 この跳躍時のたわみは、うさぎ跳びで顕著に現れ、うさぎ跳びによる損傷が多いといわれています。
 症状は、腓骨骨幹部上1/3の骨折部に限局性の圧痛を触知し、同部を中心に腫脹や運動痛を生じます。発症初期は運動時の痛みだけの場合も多く、悪化すると日常歩行にも影響が出ます。この様な症状を生じたら整形外科による診察を受けてください。整形外科のレントゲン検査で診断が確定されます。

A 腓骨の疾走型疲労骨折
 発症部位は腓骨骨幹部の下(遠位)1/3に多くなります。これはランニング時に働く筋肉の影響で腓骨骨幹部下1/3のたわみが大きくなるためで特に内側へのたわみ(腓骨中1/3から下1/3が外反する)が大きいと云われています。
 症状は、腓骨骨幹部下1/3の骨折部に限局性の圧痛を触知し、同部を中心に腫脹や運動痛を生じます。腓骨下端に近い部位で発症することもあり、その場合は足関節捻挫や腓骨外果骨折、アキレス腱の障害などとの鑑別を要します。整形外科のレントゲン検査で診断が確定されますので、必ず整形外科の診察を受けてください。

 治療と予後
 腓骨は脛骨と異なり体重の負荷が掛かりません(非荷重骨)ので、脛骨の疲労骨折と比較すると回復までに要する期間が短くなります。安静期間は症状や骨折の状態により1ヶ月から2ヶ月を要します。軽度のものは安静だけで軽快しますが、骨折の症状が著明な場合は、骨癒合まで包帯や副子による固定を施行することもあります。予後は非常に良好です。

 

  運動により起こる腓骨のたわみ

腓骨骨幹部疲労骨折好発部位

 秋元接骨院のホームページ サイト内ページ一覧

 

グングンシェイプテーピングインサポーターひざ下

木下接骨院の案内

 
pageNO.007
秋元接骨院のホームページ
※このサイト内に表示されている内容すべてにおいて無断使用を禁止いたします。
Copyright © 2012 秋元接骨院 秋元 英俊 最終更新日2016年9月21日
 
カワイイ足のためにピエシェリ